TEL:096-274-5444
 
ネットからのお問合わせはこちら

熊本市のこうの矯正歯科クリニック 大人の矯正(見えないリンガル矯正)ホワイトニング

ホワイトニング

HOME»  ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングは加齢や遺伝などによる天然歯の黄ばみやくすみを、
歯を削ることなく歯そのものを白くする方法で、
その本来の歯の色よりも白くすることができます。
当院ではFAPホワイトニングを取り扱っています

FAPホワイトニングとは?

FAPホワイトニングとは、歯を一時的に白くするだけでなく、一般的なホワイトニングとは異なり、
その白さを長期間にわたり保ち続けることができるホワイトニングです。
歯を傷めることもなく、それどころか歯質を強化するので虫歯予防にもなる画期的な施術方法なのです。
漂白薬は1回15分×2回歯に塗布します。
クリーニングなど、前後の処置を含めて1時間弱の施術です。
1週間に1回のペースで来院していただき、ご希望と症状に応じてこれを数回行います。
お急ぎの場合はご相談ください。

FAPホワイトニングの特徴

一般的なホワイトニングは、歯の表面に凸凹を作り、乱反射させることで白っぽく見せます。
歯の表面にはエナメル層があり、そこにペリクル層とプラーク層の有機質が付着しており、これらの有機質を分解・除去してエナメル質を凸凹状にします。
一般的なホワイトニングは、その上に漂白薬を塗布して光を照射して終了です。
そのため、凸凹状した部分に茶渋などが付着しやすく、色の後戻りが早いのです。
それに対してFAPホワイトニングは、一般的なホワイトニング同様、歯の表面を凸凹状にしますが、この凸凹部分をそのままにはせず、その上に「フッ化アパタイト」という強化カルシウムの層を5層ほど重ねて吸着させます。
そのため、肉眼ではもちろん顕微鏡で見ても歯の表面は滑らかになり、長期間にわたって歯の白さを保ち続け、後戻りしないという画期的なホワイトニングなのです。

虫歯になりにくい

上記でも述べたように、FAPホワイトニングは、凸凹状にさせた歯の表面にフッ化アパタイトを何層も吸着させます。このフッ化アパタイトは、歯や骨といった人体の硬組織に非常に似た成分なので、漂白効果の後戻りを防ぎ、歯質を強化します。そのため虫歯になりにくい歯を作るのです。

歯のクリーニング(PMTC)

お茶やコーヒー、タバコのヤニなどの着色を専門的な機械とフッ素入り研磨ペーストを用いて除去し、歯面清掃(クリーニング)を行います。PMTCは日々のブラッシングではとることのできない歯石やステイン(着色)、バイオフィルム(細菌の塊)をとりのぞき、歯本来の輝きをとりもどします。
PMTCでツルツルに磨かれた歯面にはプラーク等がつきにくくなり、虫歯や歯周病、口臭を予防する効果があります。

PageTop