TEL:096-274-5444
初回カウンセリング予約
ネットからのお問合わせはこちら

熊本市のこうの矯正歯科クリニック 大人の矯正(リンガルブラケット矯正)ホワイトニング

リンガルブラケット矯正(裏側矯正)治療

HOME»  リンガルブラケット矯正治療(裏側矯正)

リンガルブラケット治療

歯の裏側に矯正器具を装着する永久歯列期の矯正治療方法です。歯の裏側の形態は、患者さまによって異なるため、オーダーメイドのブラケットを精密な技工で作製します。また、表側より専門的な治療技術が必要とされています。当院では、開業以来導入しており、多くの患者さまで施術しています。すべての歯並びで適応可能です。他院で、裏側矯正は無理と説明を受けられた方も一度ご相談ください。

リンガルブラケット矯正治療のメリット

1.見えない

歯の裏側に矯正装置を装着することで、他人から気づかれずに治療できます。 これまで、矯正器具が見えることで治療を躊躇されていた方にとても有効です。

2.ローフリクションブラケット

リンガルブラケット矯正(裏側矯正)では、ローフリクションブラケットを使用しております。弱い力での治療が可能です。

3.むし歯になりにくい

歯の裏側は唾液による自浄作用があり、むし歯になりにくいとされています。また、歯の表側に装置を装着しないため、表側のエナメル質が保全されます。

選べる裏側の矯正装置

ハーフリンガル

ハーフリンガルとは、上の歯には裏側装置を、下の歯には表側の矯正装置をつける矯正治療方法です。 上の歯の裏側に装置をつけることで比較的装置が目立ちません。また、発音や舌への不快感が軽減できるといわれています。

  • 「表側矯正とくらべ、目立ちにくい。」
  • 「裏側矯正とくらべ、リーズナブル。」
  • 「下顎が表側なので、違和感が少ない。」

などがハーフリンガルの特徴です。

PageTop